2015年01月10日

地震火災保険のお得な選び方

最近、共済では、地震保険に加入できないので
火災地震保険に加入したいが増えています。

地震保険に加入には、火災保険が必要です。

地震保険は、政府と損害保険会社が共同で運営している制度です。
そのため、規定があります。

●地震保険だけの加入はできない。
損害保険会社の火災保険とセットで加入

●火災保険金額の30%から50%での加入

●住宅用の建物や家財が対象
事務所や店舗だけの用途の建物や什器備品は加入できない。

●建物5000万円 家財1000万円が限度
マンションなどの区分所有の場合は
各区分所有ごとに限度額

地震保険は、どこの保険会社でも保険料や補償内容は同じです。

そうであれば、できるだけ火災保険が安い保険会社がいいですね。

おすすめ火災保険 地震保険

AIU火災保険

日新火災 火災保険
posted by 地震保険 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

地震保険の値上げ

2014年7月1日より地震保険の保険料が値上げになる。

平均して15%程度値上げになるようです。
割引については、免震等級割引 耐震等級割引2 耐震等級割引3については
割引幅が拡大します。

地震保険については、損害保険会社を変えても同じなので、
すべて損害保険会社一律になります。

対象方法は、7月1日より前の旧料率の時に、5年分加入することです。
地震保険は最大でも5年までしか加入できません。

既に地震保険に加入している人や1年更新で加入している方は
一度、地震保険を解約して、5年契約で再加入することです。

もし、現在地震保険に加入していないのであれば、
7月1日より前に加入をお勧めします。

地震保険はどこでも保険料は同じですが。
火災保険は保険会社により違いますので比較してみましょう。

お勧めは
日新火災海上 火災保険 地震保険

AIU損害保険 火災保険 地震保険
posted by 地震保険 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険の保険料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

地震保険値上げ

地震保険の値上げ前に、5年契約で、加入しましょう。

地震保険はこちら

日新火災 地震保険

地震保険の保険料率を算出している損害保険料率算出機構は、住宅向け地震保険の基準料率を、
全国平均で15・5%引き上げる内容の改定を金融庁に届け出たと発表した。

東日本大震災後、地震保険の保険料率を改定するのは初めて。
早ければ平成26年7月にも適用する。

 震災で保険金の支払いが急増し、将来の支払いに備える準備金が減少。
制度を維持するには、料率を含め、より実態に合った見直しが必要と判断した。
値上げの影響を抑えるため、耐震性能の高い建物の割引率は引き上げる。

 今回の保険料改定には、
甚大な被害が予想されている南海トラフ巨大地震の最新被害予測は反映されていない。
このため今後、影響が詳細に織り込まれた場合、
さらに保険料が値上がりする可能性がある。
posted by 地震保険 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険のよくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

地震のときの傷害保険自転車保険

一般的に、生命保険は地震・噴火・津波などの場合に、補償されますが、
損害保険保険会社の傷害保険などは、地震の時には補償されません。

理由は、天災担保という特約がありますので、地震 噴火津波の場合には
天災担保の特約を付けている人だけが補償されます。

最近、多い自転車事故向けの保険も実際には、傷害保険と個人賠償保険の
組み合わせで、
個人賠償責任保険で対人 対物を補償して
傷害保険で自分のケガを補償します。

保険料が安い、傷害保険は、交通傷害保険のケースが多くて
ほとんど天災担保がついていません。

エース損害保険の自転車向け保険は天災担保がついていますので
安心です。

地震でも補償される自転車向け保険資料請求はこちら

posted by 地震保険 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

地震保険 値上げ

10月24日の朝日新聞の記事で地震保険の値上げがでてきました。

以下引用です。
政府と損害保険各社は2014年4月をめどに、
家屋向けの地震保険の保険料を15〜30%の範囲で値上げする方針を固めた。
東日本大震災で巨額の保険金を支払い、
次に巨大地震が起きたときに支払う保険金の財源が足りないためだ。
地震保険は、企業向けは民間保険だが、家屋向けは政府と損保会社が共同で運営する公的な保険。
財務省の部会が地震保険制度の見直し作業を進めており、
年内にも大枠を固める。その後、損保各社でつくる損害保険料率算出機構が細かい保険料を決め、来
春をめどに金融庁に申請する。
 地震保険は、保険料を積み上げた「準備金」から保険金を支払う。
東日本大震災前は準備金が2.3兆円あったが、
震災後の保険金支払いで準備金を1兆円取り崩した。

ここからは個人的な意見ですが、
現在の東京 神奈川 静岡の保険料が高いので
値上げ幅は各地域によりだいぶ違うようになるのではないでしょうか。

ただ、政府としても所得税の控除対象にしているのは
もっと普及してほしいということなので
あまり大きな値上げはないのでしょうか。
posted by 地震保険 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険の保険料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

災害時 絶対に知っておくべき「お金」と「保険」の知識

地震などの災害時の対応、地震保険などの事前準備などです。

FPがお金と災害について書いています。

わかりやすい解説と大きな図版で、災害時のお金まわりのことが一目瞭然!
災害に遭っていない人も、災害時に知っておきたいお金まわりの完全マニュアルです。
被災して、印鑑がなくても免許証や拇印で大丈夫!
生活資金、住宅再建などはまず「公的支援」を利用
被災者の住宅ローンは、延滞扱いにはしない
公的支援や、給付金を受けるには自分で申請しないとまったく何ももらえない!
自分に縁のない地域でも大丈夫!地方自治体に直接寄付する「ふるさと納税」で、確定申告で税金が戻る。
これから入る場合の「地震保険」の正しい選び方 
ほか役立つ情報が満載です。


posted by 地震保険 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

地震保険は必要か?

地震保険は、保険料が高いことで加入を悩んでいる方が多いのですが
実際はどうしたらいいでしょうか?

地震保険の補償

5つケース各被害ごとに見ていきましょう。

1 地震による建物の倒壊
これは、建物の性能によります。
地震保険の割引にある建築年割引
昭和56年6月1日以降に新築された建物である場合

建築基準法が改定になった時期なので
これ以降は比較的安全性が高いといわれていいます。
もちろん新築の場合はより建物倒壊リスクは下がります。

倒壊は古い住宅の方が心配です。

2 地震による地盤沈下
これは、地盤の液状化などです。
これは、ハザードマップで確認しましょう。
危険地域の場合は、地震保険を検討しましょう。

3 地震による津波
これは、海に近い地域の方や海抜が低い地域では
地震保険を検討しましょう。

4 噴火による損害
噴火による損害も地震保険の補償範囲になります。
火災保険だけでは補償されません。

5 地震による火災
大規模な地震の場合は火災が発生します。
この場合には火災保険ではなく地震保険になります。
地震による火災が心配な方は地震保険に加入しましょう。

posted by 地震保険 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険にご加入にあたって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

JA共済地震保険 建物更生共済 

JA共済は建物更生共済が地震による損害も補償いたします。

自然災害補償という欄で地震による損害も補償いたします。

JA共済の特徴は、満期保険金があるのが特長ですが、
その分保険料が割高になることがデメリットです。

掛け捨てでなく、貯蓄機能があるので
リフォームなどの建物の改修などにも使えます。

また、住宅 家財以外に営業用什器備品や特定建物物も
補償することができるがJAならではです。

けがなどの補償もついているので補償は手厚いです。

満期金があるので一概に言えませんが、
損害保険会社の掛け捨ての火災保険に比べると
保険料は高いケースもあります。
posted by 地震保険 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

地震保険の支払い

東北関東大震災での地震保険の支払いは、
阪神大震災を超える見込みです。


地震保険は、地震保険の支払いは、1150億円までは民間の損害保険会社が負担し、
それを超えた金額は国と民間で折半する仕組みのため、
国の負担増も避けられない見通しだ。

そして、官民合わせた地震保険保険金の支払額が全体で1兆9250億円を超えた場合、
超過額の95%分は国が負担することになっている。


地震保険の御見積りはこちらより

AIU火災保険
日新火災 地震保険
posted by 地震保険 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

停電対策 GENTOS(ジェントス) エクスプローラー 【明るさ150ルーメン/実用点灯20時間】 EX-757MS

今日から輪番停電の予定です。

コンビニやホームセンターでは、電池 コンロなどが売り切れです。

アマゾンも売り切れの商品も多いですが、こんな灯りがありました。

売切れる前に、購入してみたらどうでしょうか?


posted by 地震保険 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。