2006年05月15日

地震保険に関する法律(じしんほけんにかんするほうりつ)

地震保険に関する法律(じしんほけんにかんするほうりつ
昭和39年6月の新潟地震を契機として,地震危険を担保する保険の要望が急激に高まり,政府,保険審議会および損害保険業界が実施方策を検討した結果,国家再保険による地震保険を創設することとなり,昭和41年5月18日にこの法律が公布,施行された(法律第73号)。

この法律は,保険会社の地震保険責任の一部を政府が再保険により引受けることによって,地震保険を普及させ,地震等による被災者の生活の安定に寄与することを目的としている。

http://www.houko.com/00/01/S41/073.HTM
地震保険に関する法律
posted by 地震保険 at 21:43| Comment(0) | 地震保険用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

保険金をお支払いした後のご契約

保険金をお支払いした後のご契約
損害の認定が全損となり、保険金をお支払いしたときには、
ご契約は損害発生時に終了します。

全損以外の認定(半損 一部損)による保険金のお支払いの場合には、
ご契約の保険金額は減額することはありません。
posted by 地震保険 at 02:13| Comment(0) | 地震保険のよくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

地震保険(じしんほけん)

地震保険(じしんほけん)
地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する地震災害専用の保険のこと。

 火災保険では、地震を原因とする火災による損害や、地震により延焼・ 拡大した損害は補償されないため地震保険が必要となる。地震保険は火災保険に付帯する方式での契約になるため地震保険を契約するためには火災保険への加入が必要となる。

なお地震保険の対象は居住用の建物と家財となっており。地震保険の契約金額は、建物5,000万円、家財1,000万円を限度に、火災保険の30%〜50%の範囲内で決定される
posted by 地震保険 at 23:21| Comment(0) | 地震保険用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

契約のしおり(けいやくのしおり)

契約のしおり(けいやくのしおり)
保険契約締結に際して契約者が保険の内容を十分理解できるように、契約時に配布する小冊子のこと。約款の中から重要事項を抜粋しわかりやすく解説してある
posted by 地震保険 at 16:19| Comment(0) | 地震保険用語集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。