2006年10月06日

地震保険料控除の新設

2007年から損害保険料控除を改組して、地震保険料控除を新設することが決まりました。地震保険の保険料のうち、所得税で全額(最高5万円)
住民税で半額(最高25000円)(適用は2008年度から)が所得から控除されます。

2006年12月31日までに契約をした一定の長期損害保険だけは、引き続き従来どおりの控除がありますが、この場合も限度額は地震保険料控除とあわせて
所得税で5万円、住民税で25000円までです。

政府は、地震保険の加入を促進するための地震保険料控除の新設です。
タグ:地震保険
posted by 地震保険 at 18:34| Comment(0) | 地震保険 ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。