2006年04月18日

建物の全損

地震等により損害を受け

@主要構造部(基礎 柱 壁 屋根)の損害の額が、その建物の時価の50%以上
となった場合 または

A焼失もしくは流出した部分の床面積が、その建物の70%以上となった場合



posted by 地震保険 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険のお支払い金額 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。