2006年04月20日

1回の地震による支払い保険金額が5兆円を超える場合、保険金が削減されることがありますとはどのようなことですか?

地震保険は巨額の保険金を支払う必要があるため、
保険金の支払い責任の一部を政府が負うことにしていますが、
いかに政府といえども、無限に責任を負うことができないため、
1回の地震における保険金の支払い限度額を5兆円(平成17年4月1日現在)
と定めています。

この5兆円という額は、関東大震災級の地震が発生した場合でも、
支払い保険金の総額がこの額を超えることが無いように決定されており
適時見直されていたます。万一この額を超えてしまった場合
お支払いする保険金は比例按分で削減されることがあります。


posted by 地震保険 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険のよくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。