2006年04月24日

地震保険の建物の損害査定ではどの部分をみるの?

地震保険の建物の損害査定ではどの部分をみるの?

地震発生時には一時に損害が大量に発生することが予想されます。 この地震保険の特性から、損害処理の迅速、円滑、公平を期すための統一基準として、木造の建物では、建物の構造上重要な部分である軸組み、 基礎、屋根、外壁の4点の損害程度に応じて認定をおこなっております。また、非木造の建物では、建物の構造耐力上一体となっているため、 建物全体の沈下または傾斜、柱・外壁等の損傷程度によって認定を行います


posted by 地震保険 at 21:03| Comment(0) | 地震保険のよくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。