2006年09月02日

住宅性能評価とは

住宅性能評価とは?
地震保険の割引にもなります。
性能評価品確法に基づき、建物の性能を第三者機関が客観的に評価し、建物のレベルがわかるもの。設計性能評価と建設性能評価があり、前者は設計図面を基に、断熱性能や耐震性能の等級を付ける。後者は、工事内容をチェックし、等級が付けられる。品確法とは、2000(平成12)年4月から施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の略。
この法律がめざすのは3点。レベルが客観的にわかる「性能評価」を付けること。住宅の基本構造に対して「性能保証」を付けること。ときに、紛争が速やかに解決するようにすること。住宅を安心して買えるように法律で守ろうというのが狙い。

地震保険に関しては2001年10月1日以降開始のご契約より、住宅の耐震性能に応じた保険料の割引制度が導入されました。
耐震等級割引


posted by 地震保険 at 01:47| Comment(0) | 地震保険の割引制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。