2006年09月27日

免震なら30%引き

免震なら3割引

2006年9月27日 日本経済新聞から引用

家庭向け地震保険の保険料を算出している非営利団体の損害保険料率算出機構は、
26日、免震性能がある建物について、保険料を30%割引制度を新制度を発表しました。 古い建物が現行の耐震基準を満たしていると証明できれば、
10%値下げする仕組みも新設する。

9/26付けで金融庁長官に届け出た。金融庁の審査が終われば、損保会社各社が
新料率を適応できます。

免震割引は住宅性能評価制度で「免震建築物」と認定された建物が対象となる。
建物にあわせて家財にかかわる保険料も30%割引になります。

住宅性能評価制度は、公的な認定を受けた「登録住宅性能評価機関」が
建物を診断して耐震性や免震性を測定する仕組みです。

1981年以前建築にも新制度が対象になります・

建築基準法に基づく現行の耐震基準は1981年6月1日から適応されており
それ以降に建てられた住宅については、既に10%の割引制度がありますが
その基準前に建てられた建物についても耐震改修工事などで現行基準を満たして
いると証明されれば、保険料を10%割り引く仕組みが追加した。

地震保険では、このほかにも、住宅性能評価制度で耐震性能があると
認められた場合に10〜30%割り引く仕組みがあります。




posted by 地震保険 at 14:56| Comment(0) | 地震保険の保険料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。