2012年11月18日

地震保険 値上げ

10月24日の朝日新聞の記事で地震保険の値上げがでてきました。

以下引用です。
政府と損害保険各社は2014年4月をめどに、
家屋向けの地震保険の保険料を15〜30%の範囲で値上げする方針を固めた。
東日本大震災で巨額の保険金を支払い、
次に巨大地震が起きたときに支払う保険金の財源が足りないためだ。
地震保険は、企業向けは民間保険だが、家屋向けは政府と損保会社が共同で運営する公的な保険。
財務省の部会が地震保険制度の見直し作業を進めており、
年内にも大枠を固める。その後、損保各社でつくる損害保険料率算出機構が細かい保険料を決め、来
春をめどに金融庁に申請する。
 地震保険は、保険料を積み上げた「準備金」から保険金を支払う。
東日本大震災前は準備金が2.3兆円あったが、
震災後の保険金支払いで準備金を1兆円取り崩した。

ここからは個人的な意見ですが、
現在の東京 神奈川 静岡の保険料が高いので
値上げ幅は各地域によりだいぶ違うようになるのではないでしょうか。

ただ、政府としても所得税の控除対象にしているのは
もっと普及してほしいということなので
あまり大きな値上げはないのでしょうか。
posted by 地震保険 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震保険の保険料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。